池袋 眼科 | 医療法人社団碧明会 大沢眼科・内科。サンシャイン60ビル7F。白内障日帰り手術は30年の実績。緑内障も最先端治療であるSLTも兼ね備えています。

池袋サンシャイン内7F 東池袋駅から地下通路あり

03-3988-3333

当院について

当院の特徴

当院の方針

1. 患者様の訴えを良く聞き親切に対応する
2. 最新の検査機器を設置し正確な診断と適格な治療を行う

外来手術

日帰り白内障手術は開院時より行っており35年以上の歴史があり、現在一般的となった日帰り白内障手術の先駆けと言われています。

入院手術と遜色のない成績と多くの患者様の手術を行って来ました。
最新設備と器具を備え多焦点眼内レンズにも対応しています。
その他眼の手術としては、麦粒腫、霰粒腫、睫毛乱世、内反症、眼瞼下垂 他

専門の眼鏡士による正確なメガネ・コンタクトレンズの検査及び作成

視能訓練士(ORT)による正確な視野及び斜視弱視検査又その訓練

レーザー治療

● SLT(選択的隅角形成術)
● 炭酸ガスレーザー
● グリーンレーザー

オルソケラトロジー(角膜矯正法)

●詳細
特殊なハードコンタクトレンズを使って近視や乱視を軽くしたり治したりする方法です。
当院では約18年前よりオルソケラトロジーレンズの効果に着目し、世界で初めてオルソケラトロジーレンズを作ったコンテックス社の開発責任者であるニックス・トーヤン氏の指導を受け治療を開始致しました。現在まで7~40歳までの方に処方し、ほぼ90%の方に効果が上がっております。
また、コンテックス社の技術顧問と常に連携し医師・技術者も技術を磨くようにしています。
● お試し
オルソケラトロジーは、一度体験し効果を確認、納得されてから決めていただく事にしております。その為には、お試しのレンズを装用してから少なくとも2~3時間レンズを装用後、視力の度合が改善した事を確認する必要があります。従って検査には3時間くらいの時間に余裕を持ってご来院ください。
検査は予約制になっています。

連携病院

● 慶応義塾大学病院
● 帝京大学医学部附属病院
● 東邦大学医療センター大橋病院
● 日本大学附属板橋病院
● 東京都立大塚病院
● 順天堂大学医学部附属練馬病院
● 日本大学病院
● 東京都健康長寿医療センター

院内設備

当院では、常に最先端の検査・治療を受けられるよう、最新の医療機器を導入しております。都内の大学病院にもまだ導入されていないような機器もいくつか導入しております。

ウェーブフロントアナライザーKR-1W

ウェーブフロントアナライザーKR-1W

近視・遠視・乱視以外の屈折異常を、高次収差(=不正乱視)と言います。その高次収差の測定を可能にしたのがウェーブフロントアナライザーです。眼の見え方に関してさまざまな角度から解析を行うことで、見えにくさの原因となる乱視成分の精確な検出、より正確な眼鏡処方・コンタクトレンズ処方、より満足度の高い白内障治療時の参考データ・解析に使用できます。

オートレフラクトメータ AR-1a

オートレフラクトメータ AR-1a

近視・遠視・乱視を測定でき、また、徹照像撮影により水晶体の混濁の様子が観察でき、白内障の進行状態がわかります。

ノンコンタクトタイプトノメーター FT-01

ノンコンタクトタイプトノメーター FT-01

眼球の硬さである眼圧は緑内障の経過観察に非常に重要です。レーシック後や角膜の厚さが薄い方などは補正が必要になります。また検査は空気が眼球に当たるため苦手な人でも検査が出来るように当院では優しい空気を出すトーメ社のFT―01を使用しております。

前眼部OCT(CASIA)

前眼部OCT(CASIA)

角膜の厚みや角膜形状に対しての先端器械である前眼部OCT(前眼部3次元光干渉断層計)です。この機器(CASIA)は、非接触・非侵襲で前眼部の3次元撮影が可能な前眼部OCTです。感染リスクの少ない検査方法で、水晶体までの断面像や、角膜の形状を計測する最新式の検査装置です。

OCT(眼底3次元画像解析)

OCT(眼底3次元画像解析)

網膜や視神経の断層画像を撮影することで、通常の眼底検査では分からないような軽度の網膜のむくみなども発見できます。近年、増加している加齢黄斑変性の診断には、不可欠な検査機器ですが、視神経繊維層を解析することで、緑内障の早期診断にも非常に有用です。通常の眼底カメラがレントゲン検査だとすると、このOCTはCTやMRIにあたるとお考えください。

IOLマスター

IOLマスター

視眼軸長(眼球の奥行き)を測定する機器で、白内障手術の際に挿入する眼内レンズの度数を決定するのに使います。多焦点眼内レンズの場合はもちろん、単焦点レンズ(普通の保険の白内障手術)の場合においても、術後に裸眼でどの距離が見えるようになるかは、この検査にかかっておりますので、非常に重要な術前検査の一つです。

コントラストグレアテスター CGT-1000

コントラストグレアテスター CGT-1000

視標の大きさ、濃さを変え、どの程度まで視標が判別可能か測定します。(コントラスト)
さらに、視標に光をあててまぶしい状態で同じように測定します。(グレアー)

自動視野計 (AP-7700)

自動視野計 (AP-7700)

視野(=見える範囲)を測定する装置で、緑内障の診断および進行判定には欠かせない検査機器です。このAP-7700では、検査時間が約5分(片眼)と患者様のご負担を極力減らせるようになっています。また、進行の程度をコンピューター解析しますので、わずかな視野の変化にも対応できるすぐれものです。

ゴールドマン視野検査(動的視野検査)

ゴールドマン視野検査(動的視野検査)

自動視野計はコンピュータが自動で測定しますが、ゴールドマン視野計は検査員が患者さんの反応をみながら調整することができます。また、自動視野計では測定できない広範囲の視野も測定が可能です。

シノプトフォア(大型弱視鏡)

シノプトフォア(大型弱視鏡)

斜視・弱視・眼球運動障害検査や治療に使用します。
斜視とは、片目が見ようとする目標とは違う方を向いている状態を言います。中を覗いて、左右それぞれの目で見える絵を重ね合わせた時の、目の位置を測定したり、両目で立体的に見ることができるかなどを調べます。

調節近点計 アコモドメーター

調節近点計 アコモドメーター

この検査は近くの物にも遠くの物にもピントを調節する力を調べます。この検査で老眼の程度を調べる事が出来ます。

超音波白内障手術装置(ホワイトスター・シグネチャー)

超音波白内障手術装置(ホワイトスター・シグネチャー)

濁った水晶体を、超音波で破砕して吸引する白内障手術装置です。白内障手術装置には、ペリスタルティックポンプとベンチュリーポンプという2種類の吸引ポンプがあります。当然、それぞれにメリット・デメリットがあるのですが、通常の機種は、どちらか一方しか搭載されておりません。しかし、このシグネチャーには両方のポンプが搭載されておりますので、まさに“いいとこ取り”な装置というわけです。これにより、格段に安全な白内障手術を行うことができるようになりました。

高周波メス・サージトロン

高周波メス・サージトロン

当院での瞼の手術は炭酸ガスレーザに加え、ellman社製の高周波メス・サージトロンを使用しています。サージトロンは組織損傷の少ない微細な切開・凝固を可能にし、短時間で腫れの少ない手術を可能にしました。

ソリティア グリーンレーザー光凝固装置

ソリティア グリーンレーザー光凝固装置

網膜光凝固術は、糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、中心性漿液性脈絡網膜症、網膜裂孔などの眼底の病気に対しておこなわれる治療法です。

YAGレーザー:後発白内障手術、
SLT:緑内障レーザー(タンゴオフサルミックレーザー)

YAGレーザー:後発白内障手術、SLT:緑内障レーザー(タンゴオフサルミックレーザー)

後発白内障とは、眼内レンズを入れている膜(水晶体嚢)が濁ってくる病気です。初期の白内障のようにくもったり、かすんで見えたりします。支障をきたすようになれば眼内レンズの裏にある水晶体後嚢にYAGレーザーを照射し、穴を開けることで濁りを取り除きます。

医療法人 社団碧明会 大沢眼科・内科

〒170-0013 東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60ビル7F